最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    【現役早稲田生が説明します!】英語は青本と赤本どっちが良い?

    早稲田の英語には赤本か青本か、 気になっている受験生の方も多いのではないでしょうか。 過去問のまとめ王道の赤本、解説や対策の青本、どちらも気になる、でもどちらがいいのか分からない!

    そんな方に、私が実際に受験勉強で使用した赤本、青本の使用感を ご紹介していきます。

    ちなみに私は、どちらもすごく気になっていたので 両方を使って早稲田対策をしていました。 特に英語が苦手科目だったので、力を入れて対策をするにあたって どちらも必要だったと思います。

    それぞれに特徴と良い点があるので、現役早大生の目線からご紹介できればと思います。

    早稲田の過去問を青本で説明します!

    ご存知の通り、早稲田の英語は難易度が高いです。日本の私立大学を全て合わせても トップレベルの難易度です。 そこで、その対策として選択肢に挙がるのが、「赤本と青本」です。

    赤本はご存知の方も多いかと思いますので ここでは「青本」について説明します。

    青本とは、赤本の解説などを詳しくしたような本と思って問題ありません。 赤本と青本は出版社も異なり、掲載年度も異なります。 赤本は、主に過去問がメインで解説はかなり少なめです。 レベルが追いついていないと、解説を読んでも理解が難しい問題も多いです。

    ただ、一冊に掲載されている年度数は多く、過去問の問題数が非常に多く掲載されています。

    一方、青本は赤本に比べて掲載年度は少ないですが、 その分解説に力を入れた本になっています。 解説の量も赤本より多く、赤本で途方にくれた方にとって味方になってくれます。

    出版されている大学も赤本より少ないので出版されていたらチャンスと思った方がいいと思います。早稲田を目指す方はぜひ一度は手にしてほしい本です。

    早稲田に合格するなら、青本と赤本どっちが良い?

    私が早稲田の英語対策に過去問をと思い、赤本と青本両方に取り組んでみて分かったことはどちらか1冊では補えない内容があるので両方に目を通すのがマストであるということです。受験勉強をしていても時期によって自分のレベルはどんどん変わっていきます。特に早稲田を目指す方の多くは後半に向けて猛チャージをかけてくるので受験勉強序盤に全く分からなかったような問題にトライできるようになります。イメージとしては後半の、力がついてどんどん過去問に慣れたいタイミングでは赤本はマスト。一方過去問に取り組み始めで、難易度に挫折してしまいそうなタイミングでは青本がとても助かります。赤本のさらなる解説が欲しい、というのは誰しも抱く感情だと思います。そこをうまく青本がカバーしてくれるので過去問にトライしやすくなります。力がついてから赤本を解くべき、という考えの方もいますが私は過去問へのトライはなるべく早い方がおすすめです。

    早稲田に合格したいなら、青本を参考書代わりってあり?

    早稲田の英語対策に、参考書代わりに青本を使うのはありか。どれは断然アリだと思います。ただ参考書はいつでも複数冊を使い分けるのがおすすめです。道具をいかに使いこなせるかで成果が変わるように、うまく問題集や参考書を使いこなせた人が合格を掴めるのではないかと感じます。それで言えば青本は受験勉強の前半に、まず過去問を解いて早稲田レベルを実感し、それをきちんと解きこなせるようになりたいタイミングにベストな参考書です。解説を読んでいるだけで傾向も分かりますし過去問研究にもぴったりです。ちなみに赤本は序盤の過去問研究にはちょっと解説がシンプルでレベルが高いかもしれません。ただ後半の赤本地獄に疲れたときに青本の丁寧な解説はすごく分かりやすく、早稲田の問題に対する理解をより深めてくれる役割を果たしていました。 青本の解説を読んでいると早稲田を受験するビジョンが明確になっていきました。私の場合は受験勉強前半の方が出番は多かったですが、後半の受験間近になってからまた頻繁に青本が登場しました。

    早稲田の英語は良問が多いと言われていますが、青本の丁寧で的を得た解説を読んでいると、より良問たる所以が理解できます。早稲田の英語は難解で抽象的な表現の問題も少ないので、すんなり理解できる問題もかなり多いです。 受験と言えば赤本というイメージがありますが早稲田志望の方は赤本青本のダブル使いがベストです!

    英語が得意な方は必見!早稲田で入りやすい学部は?

    早稲田受験を目指している方で英語が得意!という方必見の情報をご紹介しています。

    こんにちは!早大生のぽちです。早大受験生のためのお役立ち情報をご紹介しています。 早稲田の受験の話題になるといつも上がってくるのは、「英語対策」です。

    「早稲田の学部をまだ絞っていない」 「むしろ早稲田に入ることが最終ゴールなので、 学部は少しでも合格の可能性が高い方がいい!」 そんな方に向けて、早稲田について個人的にまとめた情報をご紹介していきます。

    早稲田の各学部の難易度をご紹介します

    早稲田志望ですでに英語にそこそこ自信がある方は、 こちらを参考にしてみてください。 早稲田の各学部の難易度を偏差値順に並べています。

    ▼※旺文社参考 政治経済学部 偏差値 ~70.0 文学部 偏差値 ~70.0 法学部 偏差値 67.5 商学部 偏差値 67.5 文化構想学部 偏差値 ~67.5 先進理工学部 偏差値 ~67.5 社会科学部 偏差値 67.5 教育学部 偏差値 ~65.0 基幹理工学部 偏差値 65.0 創造理工学部 偏差値 ~65.0 人間科学部 偏差値 ~65.0 国際教養学部 偏差値 65.0 スポーツ科学部 偏差値 60.0

    基本的に、早稲田はどの学部もセンター試験の得点率は 9割程度がボーダーラインになっています。 政治経済学部と文学部は、偏差値70程度なので […]

    【現役早稲田生がご紹介!】合格できる英語の勉強法と勉強時間

    早稲田に合格できる英語の勉強法をご紹介しています。

    こんにちは、早大生のうめこです。 早稲田を目指して高校の2年間をほとんどを受験勉強に費やした私だからこそ紹介できる、 早稲田に合格できる勉強法をまとめてみました。

    「頑張ってよかった」でも、「こんなに時間をかけなくてよかった」 そう感じている部分もあります。

    早稲田の英語で合格するために外せない、 絶対におすすめの時間の使い方をまとめてみました。

    早稲田の英語の勉強時間はこうやって作る!

    早稲田の英語は、慶應と並んで私立大学最難関とも言われています。 私が早稲田対策の勉強を始めたのは高2の春、 初めて志望校を提出した時からです。

    私が初めに取り掛かったのが、「英単語」。 ここでの私の失敗は、英単語に限られた勉強時間の多くを費やして 勉強した気になってしまったことです。

    「英単語は隙間時間にやるもの」この考えに行きついてからは、 徹底的に空いた時間に英単語に取り組みました。 おすすめは、「CDで音声を聞いて覚える方法」です。

    通学時間は周囲に注意してほしいのですが、 バスや電車通学の方は、意外とまとまった時間があるので 毎日ルーティンワークとして英単語の勉強時間が確保できます。

    その分、家の学習時間は長文問題にがっつりと時間を割けるようになりました! 早稲田を目指す方はぜひ念頭に置いておいてください。

    早稲田は英文の勉強法にコツがあり!

    早稲田の英語の中でも、特に「英文法の勉強法」に迷っている方はいないでしょうか? 私は早々に、英単語と英語長文に時間を割こうと決めて取り掛かっていたので、 過去問を解いていて、意外と文法問題も外せないなと思うようになりました。

    しかし文法の問題集を買って見たものの、その段階ではある程度知った問題も多くなっていて 無駄な時間も多く取られてしまうことに悩んでいました。

    その時頼りにしていた先生がおっしゃったのは、 早稲田の長文は、よくできたキレイな英文が多いから、 その文章を丁寧に読み解くことが1番の近道ということでした。

    受講者38万人突破!英語長文読解対策講座「スーパーSIM(エスアイエム)」 https://www.studytown.jp/hi/english/super-sim/

    そこから過去問の解説をより丁寧に確認するようにして、 文法的に分からない部分が出てきたら、フォレストとネクステージのダブル使いで、 辞書のように確認する方法で文法を覚えました。

    フォレストで調べて、さらに補足事項はないかなと ネクステージを開く使い方をしていました。

    早稲田生が愛用!勉強にマストな参考書2選

    早稲田の英語勉強の中で、「これは外せない!」という 参考書を2つご紹介します。 まずは、前に挙げた「フォレスト」です。フォレスト自体の難易度は賛否両論ありますが、 早稲田レベルの英文を読みこなすには、ちょうど良い辞書になります。

    また問題集では「やっておきたい英語長文500」がおすすめです。 難易度は標準的なのですが、早稲田の英語は標準的な英文を スピーディーに、かつ完璧に読み解けたら合格へはかなり近いと思います。

    逆に、難しすぎる抽象的な文章はあまり出題されないので そこに力を入れて勉強しなくても大丈夫です。 「オーソドックスな文章をいかに早く、間違いなく読むか。」 その力を磨いた人が、早稲田英語に強いと思っています。

    私は、無駄に慶應用と思われる複雑な表現の英文にも手を出して、混乱してしまった時期がありましたが、 早稲田が第一志望なら、あまりひねらず過去問をメインに素直に解答する方が 合っていると思います。

    早大生の私が、たくさん失敗をしてなんとかたどり着いた合格ですが、 […]

    【現役早稲田生がご紹介!】理工学部の英語攻略法を伝授します

    早稲田 理工学部志望で英語に苦戦している方必見の英語攻略法をご紹介します。

    こんにちは、早稲田大学 理工学部に通うみみです。 早稲田に限らず大学受験では、理系文系問わず英語が必須である場合が多いです。 理系の方は理系の教科は得意でも英語はイマイチ・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    私はもともと理工学部志望で、理工学部の中で自分が頑張って目指せる大学、ということで条件を絞っていき 早稲田に行きついたのですが 理系の教科と比べて英語は苦手意識が強かったです。

    英単語を覚えることは好きだったのですが、 模試でも長文になるとなかなか点数がとれず苦戦していました。

    自分なりに理工学部の英語で点数を取るために勉強法を改善していったので、 ぜひ参考にしてみてください。

    早稲田の理工学部は時間配分にコツあり!

    早稲田英語で点数をとるには、「時間配分」がキモです。 実際に私は、英語の時間配分を見直しただけで時間オーバーが減りました。

    早稲田の英語は分量が多く、理工学部の英語は内容に数学的な要素が混ざっていたりすることもあり 思わぬ時間が取られてしまいます。 そのため、そういった種類の問題に慣れておくこともかなり重要です。

    受講者38万人突破! 英語長文読解対策講座「スーパーSIM(エスアイエム)」↓↓↓ https://www.studytown.jp/hi/english/super-sim/

     

    私が最終的に行きついた時間配分は、 「長文50分、計算系問題15分、語法などの小問10分、見直し15分」目標。 ポイントは、見直し時間を多めにとれるように目標を置くことで 本番思わぬ問題でタイムロスをしてしまってもなんとか完答までもっていくことができます。

    理工学部の英語が難しいと悩んでいる方へ

    早稲田 理工学部の英語の難易度は高いです。しかし、早稲田の英語が総合して私大最難関と言われる中で、 理工学部はどちらかと言えば標準的ではないでしょうか。

    テーマや内容は理工学部用になってはいますが、文系より癖がなく、 スピードがあれば点数は取れるイメージです。 問題文が英語である点、長文のテーマが自然に関わる点、グラフや計算系の問題がある点が 文系学部との違いだと思いますが、 文章や問題自体の難易度を見ると、それほど難しくありません。

    下線部の意味を問う問題も、「前後の文章の意味をしっかり理解できているか」などの 基本的な内容なのです。

    もし、理工学部の英語が難しいと悩んでいる方は 基礎の力が足りないかもしれません。 ぱっと見た印象より基礎が分かるようになると、 問題自体は意外にシンプルです。

    文法と長文のみなので、まずは文法を見直すところからスタートすると取り掛かりやすいと思います。

    理工学部の英語の最強攻略法はコレ!

    早稲田 理工学部で英語の点数をあげるための最強攻略法は、「解答順」です! 私が実践した解答順を試してみてください。 このコツは、本番だけでなく模試などもその順番で解くようにすることで この解答順に慣れておくことです。

    さきほどの時間配分と同じ区切りで考えると、セオリー通りなら「文法→長文」です。 それを思い切って、「長文→文法」にチェンジします。 これは、集中力がないと周囲のペースと違うことに焦りが出てしまうのでオススメできないのですが、 長文を最初に解答することで、最終の時間に追いかけられず 集中力がある時間に解答することができるのがコツです。

    文法問題は正直知っているか否かであるため […]

    早稲田英語をスラスラ読みたい!音声授業って本当のところどうなの?

    acc3793e39fbecf4d3bb872efb36ca6c_m

    早稲田英語の難易度は、私立大学の中でトップレベルと言われています。 私もその難易度に苦しめらた一人です! 受験勉強を始めて早稲田の過去問の解いてそのレベルに触れ、 本当に合格できるかすごく不安になったことをよく覚えています。

    英語は元々成績もそこまでよくなく、他の教科と比較すると 早稲田を志望するにはまだまだ遠い偏差値でした。

    そこで私が出会ったのが、「音声授業を聞きながら学べるネット講座」でした。 塾に通うか、それとも通信講座にするか迷いに迷って決めた講座でしたが、 結果的にはとても私に合っていて大正解の選択でした。

    英語に特化した講座だったので、自分の勉強法もがらりと変わって すごく勉強時間が充実したものになりました。 塾へ行こうか今後の受験勉強をどうしていこうか悩んでいる方は、 ぜひ参考にしてみてください。

    私がチャレンジしたネット講座は最近CMもしているみたいです!

    早稲田英語はスピードが命!

    早稲田英語の最大のポイントは、「スピード」です。 ボリュームがかなり多く、読解するのに時間がかかるため、 英文を読み切る速度によって点数に差がつきます。 私は元々速読が苦手で、速読を意識すると読み飛ばしてしまっている部分が多かったり 後々戻って読み返し、その分時間をロスしてしまうことも多かったです。

    これでは、スピードがアップしたところで限界が見えている、 どうにかして英語長文の読み方自体を見直さなければ、と思い、 英語に特化したネット講座を探し始めました。

    早稲田英語は「前から読み」で完全攻略!

    早稲田英語の読み方を見直すために、英語の読み方を一から学べるネット講座を調べ、 その中で出会ったのが「スーパーSIM(エスアイエム)」でした。 そして、その講座の中ですごく効果があった読み方が「前から読み」。

    「前から読み」は、英文の読み返しを無くして、一読で意味まで理解できる 画期的な読み方です。 自分が実はどんなふうに英文を読んでいるかなんてそこまで意識したことがなかったのですが、 いざ自分の読み方を見直してみると、かなり時間がかかってしまう読み方をしていました。

    全体を読んで、各部分の意味を考え、つなぎ合わせて理解する、 こんな風に読んでいる方は、実は多いのではないでしょうか?

    そんな無意識に染みついた英文の読み方の癖を、 「前から読み」をマスターすることで改善することができます。 一読で意味まで理解する読み方なので、時間がすごく短縮されます。

    読み返しが無くなる分、長文に対するストレスも減ります。 私はこの読み方にチャレンジできたことで、早稲田英語を攻略することができました。

    早稲田英語は塾に行かなくてもマスターできる!

    早稲田英語は、塾へ行かないと合格できないと思っていませんか? 私は金銭的な理由もあり、塾へ行く選択肢がありませんでした。 塾の月謝はかなり高額です。

    独学で受験勉強をしようとしていたのですが、 ネット講座の月謝ならかなりお値打ちなことを知り、 選択肢の中にネット講座が浮かんできました。

    年間で考えると塾よりはるかに安いですし、 音声授業なら何度も繰り返して音声を聞くことができます。

    自分の好きな時間にできることを考えると、塾よりメリットが多いと思い、 申し込みを決断しました。

    私は愛用したのは音声授業でしたが、映像授業だったりネット講座もたくさん種類があるので、 自分に合うものを選択するのがオススメです。 私は英語の読み方が不安だったので、そこに特化したものを選びました。

    結果的に早稲田の志望の学部に合格することができ、 ネット講座のおかげで、受験勉強がかなり効率よく充実したものになった実感があります。

    早稲田英語を攻略するために、私にベストだったのが […]