最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    早稲田の英語の過去問をどこよりもやさしく解説します!

    早稲田の英語を制するには、「過去問対策」が絶対欠かせません。
    過去問対策の重要さは、早稲田に合格した方なら誰でも身に染みて実感しているはずです。

     

    私が受験生だったころ、たくさんの問題集で勉強しましたが
    実際の早稲田らしい問題に触れられるのは、「過去問」が1番でした。
    過去問に慣れてくると、問題集を解いていても「早稲田らしい問題」が
    分かるようになるんです。

     

    今回は、早稲田の英語の対策の中でも、「過去問」に注目して情報をご紹介していきます。

     

    早稲田の英語を徹底分析!必勝法を伝授

     

    早稲田の英語は、「過去問の解説」が命です。

    初めて早稲田の過去問を解いて実感するのは、その難易度と赤本解説のシンプルさだと思います。

     

    赤本の解説はかなり端的で、早稲田レベルの問題を解きこなしている方に向けた
    解説と思った方がいいです。
    そのため、初めて解いた時に不安を感じる方もいるかもしれませんが、
    そんな時におすすめなのが「青本」です。

     

    赤本ほどメジャーではありませんが、
    早稲田を目指すなら持っておいて損はないです。
    青本は赤本と同じく過去問を集めた本ですが、
    赤本よりも掲載の年度数は少ないものの、その分解説が丁寧にされた本になります。

     

    青本があると、「過去問に取り組みたいけどまだそんなレベルではない・・」と
    諦めることなく過去問にチャレンジできます。
    個人的には、過去問はなるべく早めにチャレンジすべきだと思います。

     

    英語の過去問の全体像はこんな感じ!

     

    早稲田の英語の過去問は、大きく次のような特徴があります。
    (学部によっての特徴もあるの一概には言えませんが・・・)

     

    まずどの学部でも言えるのが、試験時間に対する英文量もしくは問題数が多いです。
    長文の英文量が多いため、かなりスピーディーに読解して
    即答できるレベルでないと高得点は難しいです。

     

    ただ、問題のひとつひとつの難易度はそこまで難しすぎることはなく、
    じっくり考えれば正解できる内容です。
    ですが、そのじっくり考える時間がないために、難易度が上がっている印象です。
     
    受講者38万人突破!英語長文読解対策講座「スーパーSIM(エスアイエム)」
    https://www.studytown.jp/hi/english/super-sim/

     

    また、ほぼすべての学部に「自由英作文もしくは和文英訳」があります。
    こちらもあまり時間をかけることはできず、自分が表現したい内容で、
    失点しない英語表現が、瞬時に浮かぶかどうかがカギになります。

     

    また、学部によっては英文和訳が織り交ざっていることもあるので
    自分の志望学部は、よく過去問の傾向を研究してみてください。
    会話文が出題されますが、比較的易しい問題が多いので、
    素早く解答して時間を稼ぎたいところです。

     

    英語の過去問を具体的に解説します!

     

    早稲田の英語の過去問の解き方を詳しく解説していくと、
    まず初めに登場する「空所補充問題」です。
    シンプルに知識を試す問題なので、なるべくスピーディーに解くことがコツです。

     

    ほぼ1問1点と予想されることが多い問題ですが、
    この1点で合否が決まる可能性もあるので、取りこぼしはなくしましょう。

     

    配点を考えれば長文の方が圧倒的に高いので、
    悩むようなら一旦飛ばします。
    序盤なので緊張で思い出せないだけかも知れませんし、
    単純に知識の問題なので戻っても解答しやすいです。

     

    次に、長文の解き方としては「問題文を読む→英文を読む」という方法がオススメです。
    問題文は英語ですが、そこで時間をロスしないように過去問で英語の問題文に慣れましょう。

     

    本文はシンプルに、一読で上から読みます。
    不要ではないかと感じる部分も読み飛ばすことはせずに、
    その代わり一読で読み切ります。

     

    問題にかかわる部分に到達したら、その場で解答をしてしまいましょう。
    ひっかけ問題などがない早稲田だからこそできるやり方です。

     

    問題の本文の順番通りで、王道の解き方が最も解きやすいです。
    英作文問題、今回は英文の内容を要約する問題を例にすると、
    最も重要なのは、「英語で簡単な表現にどこまで落とし込めるか」です。

     

    読んだ文章に出てきた単語も、できるだけ簡単な表現に変更してOKです。
    減点されない解答を常に心がけましょう。

     

    長文で時間をロスしてしまうと、英作文にはあまり時間が残っていないことも多いです。
    そういう場合には、少しでも得点ができるように、自分で表現を無理にひねり出さず、
    文章の中の表現を繋げて英文を完成させるのもテクニックです。
     

    受講者38万人突破!英語長文読解対策講座「スーパーSIM(エスアイエム)」
    https://www.studytown.jp/hi/english/super-sim/

     

    早稲田の過去問は、解けば解くほど特徴を掴むことができるし、
    年度ごとの特徴の変化が少ないのも早稲田の利点です。
    早稲田なら使えるテクニックもたくさんあるので、過去問には早めのトライをおすすめします。

     

    過去問研究に自信が持てると、模試や本番の緊張もいくらか楽になるはずです。
    今回ご紹介した内容もぜひ参考にしてみてください。

    Leave a Reply

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>