最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    早稲田の英語は意外と簡単!?合格点が取れるシンプルな方法をご紹介

    早稲田の英語は簡単には攻略できない!そんな風に思い込んでしまっている方に
    お知らせしたいことがあります。
    それは、「早稲田の英語は実はそこまで難解な問題は少ない」ということ。

     

    では、なぜ誰もが早稲田の英語は難しいと言うのか、それはただ一つ、「時間」です。
    早稲田の英語は、どの学部でも余裕を持って完答できるボリュームでは絶対にありません。
    英文量が多いか、設問数が多いか学部によってやや調整されている節はありますが、
    基本的にボリュームに対しての試験時間がかなりタイトです。

     

    英語がそこまで得意ではなかった私が早稲田商学部の英語で合格を掴むことができた、
    自分なりのおすすめ勉強法、商学部ならではの情報をご紹介していきます。

     

    難しく考えず、シンプルに!早稲田の英語は受験勉強に対するひたむきさが命です。

     

    商学部の英語は比較的簡単?

     

    早稲田の英語は簡単?そうとは言い切れません。
    私が受験した商学部ももちろんですが、語彙レベルは高く、長文の難易度も高いです。
    ただ、問題の出題形式や内容はストレートであまりひねった問題がないので、
    そこに頭を悩ませる必要がなく、解説を読むと納得できる問題がほとんどです。

     

    早稲田の英語の理想のパターンは、「必要な語彙レベルが十分にあり、速読ができる」
    これだけです。

    長文を速読できる力があれば、問題分や選択肢を理解するのに
    時間がかかることもありません。

     

    また、商学部に関して言えば倍率は10倍以上、
    ライバル達ももちろん高得点です。
    商学部の問題は、全体を把握する力というよりは
    精読による緻密な内容理解を求めている問題が多いです。

     

    正誤問題なども、かなり細かい部分をついてきます。
    しかし、その分しっかり読めれば答えに迷うことはありません。
    差がつくのは正直「時間」のみだと思います。

     

    「精読と、前置詞を選択する問題など落とせない問題での失点は、絶対にしない」
    ここだけにポイントを絞ればいいのです。

     

    難しい英語を得意に!簡単な対策はコレ

     

    早稲田英語に苦手意識がある方におすすめの簡単な方法が、
    受験勉強になんらかの形で音声を取り入れることです。

     

    私も受験勉強を始めた当初は、赤本、単語帳、問題集と
    アナログな方法をメインにして勉強をしていました。
    当然ですがすぐに飽きますし、疲れが溜まります。

     

    受験勉強はそういうもの、と決めてしまうことは絶対NGです。
    今は英単語を音声付きで覚えられるアプリもありますし、
    無料で聞けるお試しの映像授業もあります。

     

    リスニングのCDなど簡単に使える便利なツールは
    どんどん活用すればいいと思うのです。

     

    目からの刺激と耳からの刺激が結びつくと、
    記憶はより強固なものになるそうです。
    音声なら気軽に取り入れられますし、ストレスになりにくいと思います。

     

    私にとってヒットだったのが、「音読」です。声に出すことでスピードアップの訓練になりましたし、
    何より声をすと眠気が引いていくのです。
    この時、発音などを疎かにするとやる意味がなくなるので要注意です。

    受講者38万人突破!英語長文読解対策講座「スーパーSIM(エスアイエム)」
    https://www.studytown.jp/hi/english/super-sim/

     

    早稲田大学の英語の出題傾向も併せて!

     

    早稲田の英語が簡単に感じる、傾向まとめをご紹介します。
    まず1つ目何より重要なのが「速読」。これはどこの学部でも言えます。
    そのためにも、大問ごとの時間配分はマストです。

     

    2つ目に、取り上げられる英文のテーマは幅広いので無理に狙いを定めず、
    問題集でも選り好みせずに英文に慣れましょう。

     

    3つ目が、学部問わず過去問に慣れましょう。学部ごとの傾向は若干あるもの、
    どの学部の問題も早稲田の英語は良問が多いので役立ちます。

     

    センター過去問などで、基礎レベルをがっちり固めることもおすすめです。
    3つに絞ると早稲田英語も簡単に思えてきませんか?

     

    早稲田は、私大最難関と表されることも多いです。
    もちろん倍率は高く、10人受けてもたった1人しか合格できない学部もあります。

     

    しかし、早稲田の英語はやればやっただけ点数に表れる問題が多いように感じます。
    まずは、「難しいという思い込みを捨てること」「何を一番に意識して勉強するのかのゴールを決めること」。
    これを意識するだけで、毎日の受験勉強がメリハリあるものになります。

     

    私も受験勉強を始めた当初は、漠然と不安のみがのしかかり、そのせいで集中できず、
    自分が今どの地点にいるのかも分からない時期がありました。
    その中で、今自分が英語で極めたいものをひとつ軸に置くと、
    迷いがなくなり集中できるようになりました。

     

    自分に足りない力は何か、それを補う勉強を意識すれば合格も近づくはずです。

    是非トライしてみてください。

    Leave a Reply

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>